読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぴぴのメモ

自分用のLinuxとかの技術メモ

Macbook Air(2010/A1370)にUbuntu16.04 LTS(Xenial Xerus)を入れてみた

Linux Ubuntu MacBook

1.はじめに

この記事は下記記事の焼き直しで、MacbooAir3.1(2010年:A1370)にUbuntu16.04をインストールした記録です。
nopipi.hatenablog.com

前提は以下の通りです。

  • 入れる箱(Mac)
    • Macbook Air A1370(2010年モデル)
      • 機種名/Model: MacBookAir3.1 / A1370
      • 液晶サイズ 11.6
      • CPU/Mem/HDD】Core2Duo 1.4GHz / 2GB / SSD
  • 入れるもの
    • Ubuntu16.04 LTS(Xenial Xerus) ※今回は日本語Remix版を利用
  • インストールメディア(USBブート)作成環境
    • Windows10
    • USBブートメディア作成ツール: "Universal-USB"

2.準備(インストールメディア)

ubuntuのインストール用メディアのisoをUSBメモリに突っ込んで、USBメモリブートでインストールします。

インストールメディアを用意

ubuntuからダウンロード

USBメモリブートメディア作成

今回は、"Universal-USB"というツールを利用しました。
Universal USB Installer - Easy as 1 2 3 | USB Pen Drive Linux
手順は、下記サイトを参考にしています。

3.インストール

  1. 作成したUSBメモリMacbookに差し、「オプションキー」を押しながら起動します。
  2. ブート可能なメディア一覧がでるので、USBメモリを選択(下記画像参照)

f:id:nopipi:20160604001041p:plain

  1. 後は普通にインストール
    1. キーボード設定は、「日本語」->「日本語(Macintosh)」を選択。
    2. それ以外は、Macbook固有で悩むところはないです。

4.MacBook用のubuntu設定

ファンクションキーの反転

初期状態では、ファンクションキーは音声や液晶の明るさ調整がメインで、F1やF2とかファンクションキーとして利用する場合は、fnキーと組み合わせる必要があります。ですが、日本語変換の時面倒なので機能を反転させます。
以下のページを参考にしました。

$ sudo vi /etc/rc.local 
下記の行を追加
echo 2 > /sys/module/hid_apple/parameters/fnmode

マウス変更

2本指で操作の設定。→デフォルトでONのため設定不要。
設定は、左バーの「システム設定」→「マウスとタッチパッド」を選択して設定。
f:id:nopipi:20151122165023p:plain

5.使いやすくするために

ランチャーへの登録

デフォルトではターミナルが、左メニューバー(Launcher)にないので追加します。

  1. ランチャーの一番上のボタンを押し検索画面を出す
  2. 検索ボックスから「Ter・・・」と入力すると、ターミナルが表示されるので実行する。
  3. 実行するとlauncherに実行アプリのボタンが追加されるので、右クリックして「Launcherに登録」を実行

アップデート

立ち上げて暫くするとアップデートを促するメニューが出てそれを実行すればよいですが、手動実行する場合は以下の通り実行します。

GUIから実行
  1. 検索から「update」と入力し、アプリを実行
CLIで実行

ターミナルから以下を実行します。

sudo apt-get upgrade

パッケージの追加インストール

sudo apt-get install vim
sudo apt-get install openssh-server
sudo apt-get install gimp 

ntpサーバ設定

ntpの接続先サーバを国内の"ntp.nict.jp"に変更する。

●/etc/systemd/timesyncd.conf

[Time]
NTP=ntp.nict.jp  <<="ntp.nict.jp"を追加する
#NTP=
#FallbackNTP=ntp.ubuntu.com
サービスの再起動と状態確認
$ sudo systemctl -l restart systemd-timesyncd
$ sudo systemctl -l status systemd-timesyncd
● systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)
  Drop-In: /lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service.d
           └─disable-with-time-daemon.conf
   Active: active (running) since 月 2016-06-06 17:01:54 JST; 2s ago
     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
 Main PID: 2948 (systemd-timesyn)
   Status: "Synchronized to time server 133.243.238.164:123 (ntp.nict.jp)."
   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
           └─2948 /lib/systemd/systemd-timesyncd

 6月 06 17:01:54 xxx systemd[1]: Starting Network Time Synchronization...
 6月 06 17:01:54 xxx systemd[1]: Started Network Time Synchronization.
 6月 06 17:01:54 xxx systemd-timesyncd[2948]: Synchronized to time server 133.243.238.164:123 (ntp.nict.jp).

その他Tips

  • 日本語変換の切り替え
    • 「Control+Space」で切り替え。