読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぴぴのメモ

自分用のLinuxとかの技術メモ

Fedora/RHEL シリアルコンソールの設定

Linux Fedora RHEL CentOS

1.はじめに

 シリアル接続した端末(PC)からコンソール操作が行えるように設定を行う。(PCからはTeraTermのコンソール接続を利用する。)

2.設定

(1)GRUBの設定

(i)シリアルコンソールからのGRUB操作を可能にする。

 /boot/grub/grub.confに以下の設定を行う。

/boot/grub/grub.confの編集内容

①GRUBをtext表示にするため、splashimageをコメントアウトする。
# splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz 

②シリアルポートの通信設定を行う
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1

③グラフィックとシリアルの両方が使用できるよう設定
terminal --timeout=3 serial console
  ※3秒以内にキー入力があった場合はserial接続、
    無い場合は、グラフィック接続。
    必ずserial接続にする場合は、"terminal serial"
(ii)GRUB設定を反映する。

   実際は、次のkernelも纏めて設定を行た後の方が効率的。

# grub-install /dev/hda

(2)カーネルの設定

カーネルのブートオプションにシリアルコンソールの設定を追加する。
設定は、/boot/grub/grub.confに設定を行う。
/boot/grub/grub.confの編集内容

カーネルオプションに、"console=tty0 console=ttyS0,115200n8r"を追加する。
kernel /vmlinuz-2.6.19-1.2288.2.1.fc5 ro root=LABEL=/ console=tty0 console=ttyS0,115200n8r
(ii)GRUB設定を反映する。
# grub-install /dev/hda

(3)シリアルコンソールからのログイン設定

シリアルコンソールからログインが可能になるよう設定を行う。

(i)端末設定

inittabにシリアルコンソールの設定を追加する。
/etc/inittabに以下の設定を追加

co:2345:respawn:/sbin/agetty -h 115200 ttyS0 vt100

  下記コマンドで設定を反映する。

# init q
(ii)シリアルコンソールからのrootログイン許可

デフォルトではrootユーザのログインは不許可であるため、/etc/securettyにttyS0(シリアルのデバイス)設定を追加する。

console
vc/1
 <中略>
tty10
tty11
ttyS0 <- 追加