のぴぴのメモ

自分用のLinuxとかの技術メモ

freeコマンドとmeminfoを取得してCSV形式で保存するシェルスクリプト

はじめに 昔作った/proc/meminfoを取得時刻情報取得スクリプトを改造して作った、freeコマンド+/proc/meminfoを取得して、CSV形式で出力するシェルスクリプトです。 nopipi.hatenablog.com ツール説明 シェルスクリプト 下記URL先のgistにあります。 collect…

"LB + Web x 2 + RDB"マルチAZ”でWordPressをインストールするCloudFormation

はじめに 前にAWSさんの体験ハンズオンで経験した"LB + Web x 2 + DB x 2"環境構築して、そこに動作確認としてWordPressをインストールして動かすところまでの手順を、CloudFormationを使って自動化して見ました。WordPressのインストールは、CloudFormation…

SRPM展開&Gun global解析&squashfs化する自作ツールの説明

1.ツールができること 2.インストール方法 2.1 前提環境 2.2 前提パッケージ 2.3 Gnu Globalのインストール 2.4 ツールのセットアップ 2.5 ディレクトリの準備 2.6 sudo設定 3.使い方 3.1 簡単な使い方 3.2 引数の説明 1.ツールができること "srpm2html.py"…

SRPMインストール先を指定する方法

1.普通にSRPMをインストールした場合 2.インストール先ディレクトリを指定する方法 2.1 RPMのマクロ定義ファイル("~/.rpmmacros")で指定 (1)マクロ定義ファイルの設定 (2)SRPMのインストール 2.2 コマンド引数でインストール先ディレクトリを指定する方法 3.…

cloudformation VPC(PubSub x 2, PrivateSub x 2) + 1 Instance(t2.micro, AmazonLinux) を作るテンプレート

AWS

概要 自分用のメモです。"一つ前の記事"のVPCのPublicASubにインスタンスを一つ追加したテンプレートです。 作成されるもの VPC × 1 サブネット × 4 PubASub CIDR:10.0.1.0/24, AZ: ap-northeast-1a ルートテーブル: インターネットへのルーティングあり Pub…

cloudformation VPC(2つのパブリックsub+2つのプライベートsub)を作るテンプレート

AWS

概要 自分用のメモです。下記のようなvpcを作るテンプレートです。 作成されるもの VPC × 1 サブネット × 4 PubASub CIDR:10.0.1.0/24, AZ: ap-northeast-1a ルートテーブル: インターネットへのルーティングあり PubBSub CIDR:10.0.2.0/24, AZ: ap-northeas…

ubuntuで古いカーネルを削除する方法(/bootの空きが足りない時とか)

1.はじめに 2.対処方法(古いkernelの削除) (1)現在のカーネルバージョンの確認 (2)インストール済みカーネルのバージョン一覧を確認 (3)コマンドをテスト実行確認(DryーRun) (4)パッケージを削除する (5)削除されたか確認 3.参考 1.はじめに ubuntuで「ソフ…

ansibleのベストプラクティスなplaybookレイアウトを作るシェル

ansibleのベストプラクティスなplaybookディスクレイアウトがあります。 Best Practices — Ansible Documentation このディレクトリを手動で作成するのが面倒なので簡単なシェルを作成しました。 こんなディレクトリレイアウトとmain.ymlの空ファイルを作成…

gitの初期設定をしてGitHubからレポジトリをcloneするまでの手順

はじめに git初期設定 ユーザ設定&pushモード設定 SSH秘密鍵設定 GitHubからcloneする (既存レポジトリがない場合)新規にレポジトリの作成 レポジトリをcloneする (追伸)sshの秘密鍵をGitHub専用ファイルに分けて指定したい時 参考 はじめに PCを再セットア…

KickStartその3(ネットワーク構成例 -vlan、bonding構成も)

0.関連記事一覧 1.はじめに 2.ネットワーク構成例 2.1静的IP構成 (1)構成イメージ (2)KickStart設定例 2.2DHCP設定の場合 (1)構成イメージ (2)KickStart設定例 2.3複数セグメント設定 (1)構成イメージ (2)KickStart設定例 2.4VLAN設定 (1)構成…

KickStartその2(ks.cfg設定ファイルの説明)

0.関連記事一覧 1.はじめに 2.ネットワーク設定 (1)スタティック設定例 (2)DHCP設定例 3.ディスク設定 (1)ブートディスク構成例*1 (2)上記構成例の場合のKickStart設定 4.インストールパッケージ設定 5.ユーザ設定 (1)rootユーザのパスワード設…

KickStartその1(KickStartによるLinux自動インストール概要)

0.関連記事一覧 1.はじめに 1.1KickStartとは 1.2ざっくりした使い方 2.利用手順 2.1ファイル(ks.cfg)の編集 2.2ファイル検証 2.3インストーラを起動しキックスタートをローディングする 2.4インストール完了 3.補足(kickstartフ…

Macbook Air(2010/A1370)にUbuntu16.04 LTS(Xenial Xerus)を入れてみた

1.はじめに 2.準備(インストールメディア) インストールメディアを用意 USBメモリブートメディア作成 3.インストール 4.MacBook用のubuntu設定 ファンクションキーの反転 マウス変更 5.使いやすくするために ランチャーへの登録 アップデート GUIから実…

gccのインラインアセンブラで使えるx86系の汎用レジスタの制御子(Constraints)

一覧 インラインアセンブラ制御子レジスタ名称 x86(32bit)x86_64(64bit) aeaxrax bebxrbx cecxrcx dedxrdx Sesirsi Dedirdi r8-r8 r9-r9 r10-r10 r11-r11 r12-r12 r13-r13 r14-r14 r15-r15 ネタ gccのマニュアル(6.44.3 Constraints for asm Operands) IntelのCPU…

32bitアプリの2038年問題に対してglibc介さずシステムコールを直接呼べば何とかなるかなという浅はかな考えがやっぱり浅はかだった件

はじめに 32bitアプリの2038年問題回避方法 今回の実験の安直な発想 実験のコード コードの説明 コード(time.c) 実行結果 64bit環境 32bit環境 カーネル挙動を確認する ftrace(trace-cmd)での確認方法 トレース結果 64bitアプリからのカーネルトレース(…

(linux)x86(32bit)でアセンブラでシステムコールを呼び出す方法。

はじめに 2015.12.28追記 アセンブラでシステムコールを呼びだす方法 参考 はじめに 標準Cライブラリ(Linuxではglibc)に頼らず、システムコールを呼びして見たいなとの思いから、勉強がてらアセンブラでシステムコールを呼びだす方法をまとめてみました。 20…

32bitと64bitプロセスのtime_tのbitsを実機確認してみる

サンプルプログラム 実機確認 32bitプロセスの場合 64bitプロセスの場合 蛇足 32bitプロセスと64bitプロセスで、glibcのtime_t変数のビット数がどう違うのか確認してみました。 サンプルプログラム #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <sys/time.h> #define sizeof_bits(x) (i</sys/time.h></stdlib.h></stdio.h>…

(ftrace)trace-cmdでfunction_graphを使ってみる

はじめに ftraceを使うためのセットアップ (1)kenelのリビルド (2)debugfsの/sys/kernel/debugへのマウント (3)trace-cmdのインストール。 trace-cmdを使う 基本的な使い方(trace-cmdからコマンドを実行する) 実行中のプロセスのトレースを取得する はじめに…

データ圧縮アルゴリズムを整理してみた

データ圧縮(可逆圧縮)方式についてまとめました。 まとめ 可逆圧縮の実用的アルゴリズムのほとんどは、LZ法を元にしている LZは、ジェイコブ・ジヴ(Jacob Ziv)とエイブラハム・レンペル(Abraham Lempel)が開発した圧縮アルゴリズム LZ法は、LZ77と、LZ78…

Macbook Air(2010/A1370)にubuntu14.04(Trusty)を入れてみた

(2016/12追記)ubuntu16.04のインストールの話も別記事で書いていますので、そちらも参照下さい。 nopipi.hatenablog.com 1.はじめに MacbookAir3.1(2010年モデル:A1370)に、Ubuntu14.04.3(Trusty Tahr)をインストールしました。結果的には、14.04では基本…

【RHEL/CentOS】RHEL6.6にMemAbailableがバックポートされている件

はじめに 先日の下記の記事で「RHEL6ではバックポートされてMemAvailableが使えるよ」という情報を頂いたので、追加で情報を整理しました。 nopipi.hatenablog.com RHEL6.6へのMemAvailableのバックポート MemAvailableは、RHEL6.6でバックポートされてまし…

【RHEL】linuxのメモリ使用率(利用率)の計算方法

はじめに linuxのメモリ利用容量(空き容量)の考え方 linuxのメモリ利用容量/空き容量の計算方法 ■RHEL7 【freeコマンドとmeminfoの図解】 【計算方法】 freeコマンド表示例 /proc/meminfo表示例 ■RHEL6 【freeコマンドとmeminfoの図解】 【計算方法】 freeコ…

【Fedora22】日本語入力設定のメモ

IME設定(デフォルトibus-kkcを入力ソースに追加) IME切替ショートカットの変更(「半角/全角」キーに変更) 忘れないように、自分用のメモ IME設定(デフォルトibus-kkcを入力ソースに追加) Fedora22のデフォルトIMEは、ibus-kkcのようでデフォルトでインストー…

【RHEL7】sysctlのカーネルパニックオプション

sysctlのカーネルパニックオプション panicの整理 panic系パラメータの関係 それぞれのパラメータの挙動 kernel.panic kernel.panic_on_unrecovered_nmi kernel.unknown_nmi_panic kernel.panic_on_io_nmi kernel.panic_on_warn kernel.softlockup_panic ker…

RHEL7 initramfsの展開方法

今までのやり方では展開されない [RHEL7/CentOS7/FC21]initramfsの展開方法 グーグルさんに聞いてみる 手順 バイナリ解析ツールのインストール initramfsの解析と展開 今までのやり方では展開されない 普通、initramfsの中身を展開する場合は、gunzipあたり…

RHEL6 squashfsの作り方

squashfsとは squashfsのファイルシステムの作り方 squashfs用ツールのインストール squashfsファイルシステムの作成 squashfsファイルシステムのマウント fstabで自動マウント 追伸 squashfsとは squashfsとは、圧縮された読み込み専用のファイルシステムで…

Linux /proc/meminfoの統計情報を取得する。

/proc/meminfoの統計情報を取得する コマンドで取得する(テストなどの秒間隔での取得) cronで取得する(日/週/月単位のトレンド取得) 取得用のシェル シェルをキックするcron設定 /proc/meminfoの統計情報を取得する Linuxのメモリ挙動を詳しく分析するために…

シェル用のメッセージロギングツール

シェルのメッセージを一元的に出力する自作のツールです。 職場で使われているロギングツールがシンプルで使いやすいので、同じようなものを自作したものです。ツールはgithubで公開しています。 uploggerのページ → Uplogger by Noppy githubソース → Noppy…

configureの作り方(autotoolsの使い方)

はじめに 作成の流れ 手順詳細 必要ファイルの作成 Makefile.am作成(後の作成/修正も可) autoscanコマンドの実行 configure.acファイルの作成&編集 aclocal実行以降 はじめに オープンソースでよくある、configure → make → make installというセットアップ…

ESXi TeraTermマクロ自動化

前提 ESXi Hypervisorシャットダウン VM PowerON VM PowerOFF 本当はvSphere CLIをインストールして利用すればよいのだが、VMのPowerOnとハイパーバイザのシャットダウンだけで十分だったので、TeraTermのマクロで自動化。 前提 ESXiは、SSH 鍵認証でログイ…